社員インタビュー

管理栄養士の知識を活かした
丁寧なカウンセリングで、
お客様の役に立ちたい。

2016年入社/六本松駅前店・主任(管理栄養士)

新盛加奈子

新盛加奈子

専門的な知識を活かした栄養相談会などを開催



私は大学時代に栄養学を専攻しており、将来は管理栄養士としてどんな風に活躍していけばいいのか悩んでいたのですが、そんな時、アルバイト先であるドラッグイレブンの店長から「うちの会社でも管理栄養士として頑張っている人がいるよ」と教えていただきました。管理栄養士の就職先といえば、病院や保育所、介護施設など、様々な選択肢があります。ただ私は、お客様と接するドラッグストアの仕事が大好きでしたし、ドラッグイレブンで働く社員の皆さんの人柄もすごく良かったことから、この会社で管理栄養士の資格を活かして頑張ってみたいと思い、入社を決めました。

ドラッグイレブンの管理栄養士の仕事は、主に2つあります。1つ目は、店舗でのお客様へのカウンセリング。2つ目は、栄養相談会を実施することです。赤ちゃん栄養相談会、シニア向けの健康相談会、セミナーなどがあり、栄養面はもちろん、登録販売者としてお薬のカウンセリングや、健康食品を購入する際のアドバイスなども行っています。そのほかにも、総合職として売り場づくりや発注作業など、店舗運営に関する業務を幅広く担当しています。





お客様から「ありのままの声」を聞くことが大事

私がこの仕事をするうえで大切にしているのは、お客様のお話をしっかり聞くこと。店舗でのカウンセリングの際も、様々な相談会でお話をさせていただく時も、お客様のありのままの声を聞くことをモットーにしています。

例えば、ダイエット用品をお探しの方ですと、「体重が減らないんですよ。ご飯はそんなに食べていないのに…」などとお話しになるお客様が多いです。そんな時には、お客様が自分からお話しになる情報だけで判断するのではなく、食べるもの、食べている時間、現在の体重と目標体重は適正なのかなど、様々な角度からより詳しくヒアリングを行い、本当に必要な情報をお伝えするようにしています。また、お聞きした情報を元に、お客様の生活を推察し、専門家の立場から選択肢が広がるようなアドバイスをするようにも心掛けています。






相談会では「新盛さんに相談したい」といううれしい声も



赤ちゃん相談会に来てくださったお客様のなかには、「新盛さんに相談したいから」と、わざわざ異動先の店舗まで足を運んでくださった方もいらっしゃいます。ドラッグイレブンを気に入ってもらっただけでなく、私自身を選んでいただけたことがとてもうれしかったですね。お客様との繋がりを実感でき、より一層この仕事にやりがいを感じられるようになりました。元々人見知りだったのですが、入社後はたくさんのお客様とお話をするようになり、コミュニケーション能力が上がったと実感しています。

現在は主任として働いていますが、今後は店長としてさらに活躍できるように頑張りたいです。そのためにも、店舗の売り場づくりやスタッフとの接し方など、経営面での知識をさらに身に付けたいと思います。また、カウンセリングや相談会などを通じて、地域の方たちとコミュニケーションを図るためのスキルも磨いていきたいです。

一日の流れ

  • 09:00

    出勤・営業前準備、売り場チェック

    出勤後、10時の開店に向けて売り場の準備を進めます。

  • 10:00

    営業開始

    店舗の営業がスタート。お客様への対応などを行います。

  • 10:00

    接客・声掛け

    商品の前で悩んでいるお客様などに声を掛けてアドバイス。

  • 13:00

    昼休憩

    午後からの営業に備え、昼ご飯を食べながら英気を養います。

  • 15:00

    発注、売り場づくり

    商品の発注や売り場での陳列作業などを行います。

  • 19:00

    退勤

    業務を終えて帰宅。休日はパン屋巡りなど楽しんでいます。